Lesson0 〜 海野真理先生よろしくお願いいたします

Lesson0 〜 海野真理先生よろしくお願いいたします

GG、レッスン教材を購入する

ピアノに挑戦することを決意したGGでありましたが、ハテ、具体的にどうしたらものか?

どこかいいレッスン教室でもあるかなと思いWEBを検索してみたのですが、結構費用がかかりそうですなんですよね。

月6,000円とか7,000円とか、5,000円じゃ足りないようです。
ワンレッスンで10,000円前後という教室も結構あってビックリです。

ピアノ教室に通うのも結構大変です。

そんなふうに思いながらも検索を続けていると、教室に通わない形式の教材があることを知りました。

自宅で本やDVDを見ながら学ぶんだそうです。

楽譜が読めない初心者でも、30日でピアノが弾けるようになるって言っています。

ホントかなあ?

 

ビデオを見る限りは、優しそうな先生です。海野真理先生っていうんですね。

費用はいくらかかるのかな?

えっ、32,184円!

うっ、高い。やめとこうかな?

でも待てよ。

ピアノ教室に通えば、3万なんて最初の数回ですぐ吹っ飛んじゃうぞ。

それに、ピアノ教室は週1回ぐらいだろうけど、教材なら毎日レッスンを受けることができる。(やる気満々のGGです。)

しかも、DVDなら何回でも見られるし(GGは物の覚えが悪いのです)、それに教室に通わない分、時間の節約にもなるな。

何より、面と向かって叱られることがないってのもいい!(どこか甘さの残るGGなのでした。)

よし、買っちゃおう!

やる気と甘さの両方の気持ちから、GGはこの教材でピアノに挑戦することに決め、善は急げと教材の申し込みをしちゃいました。

海野先生の教材が到着!

申し込みをした2日後に、教材が届きました。

こんな感じで届きました。(お座布に乗せてます。)

自宅に届いた教材(開封前)

中身はこんな感じです。

自宅に届いた教材(開封後)

DVDが3巻、教材が5冊、その他もろもろ入ってます。(特典などもありましたが、お座布におさまりきれないので撮影してません。)

海野先生直筆のお手紙も入っていました。

海野先生、これからよろしくお願いいたします。

何か、やる気が出てきたぞ。

DVDを再生してみよう。

おっ、YouTubeの動画で見たあの海野真理先生の登場です。

海野真理先生

最初の「レッスン1」は先生の「ごあいさつ」のようです。先生、これからよろしくお願いいたします。DVDの中で、先生は教材のDVDと教本で学べばあなたもベートーヴェンの「第九」とホルストの「ジュピター」が弾けるようになりますと言ってくれています。

beethoven

よし、頑張るぞ!

さて、「レッスン1」はこれで終わりで、本格的なレッスンは次回の「レッスン2」からとなるみたいです。えっ、なになに、次回までにテキストの5ページから22ページまでを読んでおくようにですって?

なるほど。ただ、ぼ〜っとDVDを見てるだけじゃ駄目なんですね。

教本を読んで予習して、DVDを観て、ピアノを練習する。こういうリズミカルなやり方は、つい、ぼ〜っとしがちなGGにとってはかえってありがたいです。

当サイトの今後の方針について

さて、次回から本格的なレッスン開始となりますが、今後は教材の中身についてのお話は控えながら進めていきたいと思います。

どうしてかというと、この教材はGGからすればバイブルですが、販売サイドから見れば商材ですもんね。

販売者さんからすれば、商材を買った人にネットでその商材の中身をベラベラ喋られたんじゃ、たまったもんじゃないよ、「営業妨害だ!」ってなると思うからです。

ですので、今後は、教本にこう書いてありましたとか、海野先生がこう教えてくれましたというような、教材を買った人でなければ得られないような具体的なノウハウに関してのお話は控えて進めさせていただきますので、この点はご容赦ください。

その代わりと言ってはなんですが、GGがピアノを学びながら、これは覚えておかなきゃということや、途中でつまづいていることだったり、できるようになったことやできないままであることなど、個人的なことをお伝えできればと思っています。

でも、GGと同じく海野先生の教材を購入した人には、「ああ、そこのところをやっているのね」とか「えっ、つまづいてるの、そこ?」とか分かるような話にはなると思います。そういう人のお役に立てれば嬉しいですねえ。

また、教材を買ってない人にとっても、役に立つような内容にしていきたいと思っています。